情報の旅人

マスター1年情報系男子が書きたいことを書くブログです。IT、映画、旅行が好物。 @uc2_hanate

20歳。人は色々な考えがあると認識させられた歳。

今週のお題「20歳」

 

今から3年前。学年では、大学2年生でした。

そのころは、(今もだが)学内のサークルに入っていました。

僕が所属しているサークルは国際ボランティアサークルです。

最初は海外に行けるからと入ってみたのですが、気づけば沢山の先輩や後輩、関係者の皆に囲まれ、楽しい日々を過ごしていたものでした。

 

大学2年生って、大学生としての後輩が初めてできる学年ですよね。

僕は、高校生としての後輩と大学生としての後輩は、全くの別と考えています。

皆はどうか分かりませんが、正直高校生の後輩や先輩は、高校卒業後も、出会うことが無いです。

でも、大学生で出会った先輩は卒業しても、たまに会ったりします。

FacebookやLINEでつながっているから、というのもあるかもしれませんが。

思えば、高校時代はスマホを持っている人があまりいなかったかな...

 

違いは、卒業後も関係を持つか持たないかだけでなく。

4年時では、3つ下の後輩もできて、高校時代よりも多くの後輩や先輩ができることです。

嬉しいことに僕は、多くの後輩に愛されており(自分で言うのもあれだが笑)、良き先輩や同期に出会っています。

そんな皆に出会えることがなければ、今頃一人だったかもしれません。

 

国際ボランティアなので、海外の友達ができます。

海外に強く興味を持ったのも、友達ができたから。

日本とは違う文化や言葉に出会うことで、視野が広がりました。

20歳という節目で、この機会に出会えたことは幸せだったと今でも思います。

 

十人十色と言えば良いのか、人は色々な考えや生き方があること。

このことを教えてくれたのは、20歳の時に出会った、先輩、後輩、友達のお陰です。

 

20歳は、そんな歳でした。