情報の旅人

マスター1年情報系男子が書きたいことを書くブログです。IT、映画、旅行が好物。 @uc2_hanate

数学は勉強する必要があるのか?理系道10年の僕なりに答える。

よく「数学なんて人生で使う必要がないから勉強する意味ない」と聞く。

 

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/12922117085

photo by Moyan_Brenn

 

中学生時代から理系だった僕には、彼らの言っていることに、半分正解で半分不正解であると思っていた。数学は勉強した方が良い派ではあったが、きちんとした答えは持っていなかったので、彼らの言っていることを素直にうんうんと聞いていただけだった。でも、数学や物理の科目は好きだった。この話は別の日に話そう。(興味無い)

 

僕は、理系の道に進んでからほぼ10年目になる。今ならはっきりと言える。

「数学は勉強するべきだ」

確かに高校で学ぶ微分積分の公式は生活内で使った覚えは無いし、三平方の定理も使わない。数学式なんて一般人は必要ないのだ。それでも、数学は必須科目であるのは、それなりの理由があるから。その数学を勉強する理由を自分なりに考えてみた。

 

それは、「数学を勉強し続けることで理論的な考えを身につけるため。」

と僕は思う。

理論的とは簡単に言えば、「これはこういう理由でこうなるんだ」ということである。

参考:理論(リロン)とは - コトバンク

 

思い出して欲しい。

中学や高校時代に、何かしらの数学公式を覚えるときに、先生から「これはこういうことだから、この公式になります」というような説明をしているはず。

一般的な生活で使用しない数学公式を覚えるために、数学を勉強している訳ではなくて、理論的な説明ができるように、また身につけるために勉強するのである。

と僕は考えた。

 

なんて言っても、数学の試験では数学公式を丸暗記して挑んでいるのが大多数であろう。僕もそうだったし、その勉強方法は半分正解だ。良い点数を取らないと良い成績が取れないから。当たり前である。だが、丸暗記では「数学」を勉強する目的から離れている。それでは、勿体無い。せっかく理論的な説明を身につける機会を逃してしまうからだ。

それから、公式丸暗記では、応用問題を解くことができない。試験の最後の問題は応用的な問題が出ることが多く、点数配分も大きい。応用問題では、公式の式を覚えていることが前提で解く必要があるが、覚えている公式の式を使ってどのように解くのかという問題でもある。過去問を解けば、同じような応用問題がでたときに、すぐに解くことができるが、それは例外の話。ここでは、お受験の話はしていない。

 

今時理系の時代だ。なんて言うが。これは本当だと思う。今は、最新の技術を使った製品が流行っているというか、多いのである。スマホ、自動運転自動車だけでなく、映画やアニメも数学的技術が無ければできない。コンピュータグラフィックは以外と数学的な方なので、文系がこの道に進むと挫折することが多い。

 

あとは、数学が得意だと何かと有利だと思う。これにイケメンが追加されたら完璧だ。モテモテである。

news.aol.jp

 

数学は、理論的な説明を身につけるために勉強するのである。

なんども言うが、これは個人的見解であって、これが正解という訳では無い。あくまでも、数学公式をほぼ覚えていない理系道10年の僕が考えた結果である。だけど、理系は面白いし、得することが多いから、これは別の日にまとめようと思う。