情報の旅人

マスター1年情報系男子が書きたいことを書くブログです。IT、映画、旅行が好物。 @uc2_hanate

「「君の名前は、」」

めちゃめちゃ話題だったのに、全然見ることができなかった、「君の名は。

 

以下、初めて見た時の僕の気持ち。時系列順。

ーーー

....

おお、CMで見たところだ。冒頭のシーンだったのね。

あれ、もうエンディングかな。

良い結末だったなー。(ちがう)

 

あ、もう入れ変わってた。急!

声のトーンで変わってるのがわかるのがまたいい。

 

あーわかるわかるー。俺が女の子になったら、絶対そうするわw

逆もしかり。おー...ブルーレイだとみえr(略

うん。妹も良いキャラしてる。

おっぱいと妹と襖のトリオネタは笑いを堪えずにはいられない。

 

 

あれ、時間系列おかしくね?

.....

あえ?あえ?

あーーそういうこと。

(理解するまで、ちょっと時間がかかった)

急にテンポあげた。良いテンポだ。

 

二人でルール決めたみたい。

まあ、男女がお互いに分かりあうなんて、よほどの仲が良くないと分かり合えないし、しかも年頃の思春期と重なっていると尚更。

 

強いて言うなら、瀧くんそこ変われ。

 

瀧くん、三葉を探しに行く。

(小説やネタバレを見ずに、見たため、ここで、メインストーリーの内容を知る。)

薄々は感じてたけど、予想外の展開で驚き。

 

....

そういうことか。

....

....

....

 

え、これ、どうハッピーエンドにつなげるんだ?

あ....おー...おー...

よかったよかった。

ーーーー

 

以上。

小学生並みの感想だが、どう言葉に表して良いのかわからない。

つまり、もう1度見たいということ。

初見ですべてを理解するのは、少し難しいのではと思う。

 

帰って、いろいろ調べると、一葉おばあちゃんの言葉が物語のキーワードであること。宮水家と彗星は繋がっていること。瀧が飲んだお酒が三葉の魂と繋がった瞬間であって、これによって、糸守町の住民が助かって、三葉生き残りタイムになれたこと。

もう1度見ることで、また違う見方もできる。

小説は映画の補完になるとのことで、これも興味がある。

 

突然だが、ぼくは、タイムリープをしたことがある。

正夢が似たものだと言えるなら、何度かある。

それで、その後の人生が大きく左右するとかはないけど、夢に出てきたものが、現実にでてくると、何か起こるのでは?とその時は思うけど、何事もなければ、もう忘れてしまって、普通の生活に戻る。いや、戻るという表現はおかしいか。 

 瀧と三葉みたいに、他人の体に自分の魂が入って行動するという夢はまだ体験したことない。

というか夢は自分の脳の中で生まれるものであって、つまり自分の体を中心に周りが動いている、自分の体や考えが夢の視点になるということで、誰かの体に変わるというのは、ありえないのではと今書いて思った。どうだろうか。だって、相手の体の状態を感じ取ったり、突然相手の目線になることなんて、ありえない。つまり、相手の目線で自分そのものを見ることはないわけで、自分を周りからみるとどうなっているのかなんて、誰かが撮った写真とか動画とからしか得られないもので、じゃあ、鏡を見れば良いじゃないなんて言うけど、常にそれがあるわけでもない。

えーと、要は、常にこの世界は自分の体から感じ取るもので成り立っているということ。タイムリープはあっても、それがどこかで違う世界と交差することはない。つまり、時間は常に一定に平行に流れているから、その世界は今いる自分の世界の先の世界であること。だから、さっきの普通の生活に戻るというのは間違っていて、自分は生きているんだということを実感することができること。

結論、おっぱい最高。

 

 ....

さてさて、小説を見て、映画ももう1度見てみますか。

言の葉の庭も忘れずに。

 

----

 君の名は関係の動画をYouTubeで探していたら、下の動画に出会った。


Z会 「クロスロード」 120秒Ver.

 

見たことあるなと思ったら、これは2014年のとき。君の名は。も2014年から構想を練っていたようなので、ちょうど同じ時期になる。

これ、君の名は。とどこか似ていませんか。

新海シリーズは、恋愛の描写をメインにしていて、遠いけど近い存在。という題材が多い。クロースロードに関しては、合格発表の時に出会って恋をするというような結末なんだろう。

 

そうそう、新海誠シリーズを見たいなら。Netflixがおすすめ。

今なら、「ほしのこえ」、「彼女と彼女の猫」、「雲のむこう、約束の場所」、「秒速5センチメートル」、「星を追う子ども」、そして「言の葉の庭」。すべて、見られます。

そう、NetFlixならね!

Netflix - 大好きな映画やドラマをオンラインで楽しもう